知的財産戦略

特願2016-100106 タンパク質

【課題】 アミノ酸残基数が少なくても細胞透過能を発揮することが出来て、且つ、高温化でもその構造を維持することが出来るタンパク質の提供。
【請求項1】
7つのアミノ酸周期の繰り返し配列の一部を、N末端からC末端に向かって1番目及び/又は4番目の側鎖の小さい疎水性アミノ酸残基、親水性の側鎖を持つアミノ酸残基或いは無側鎖に電荷をもつアミノ酸残基が、側鎖が大きく疎水性のアミノ酸残基に置換されていることを特徴とするタンパク質。

お問い合わせ

バイオミメティクスシンパシーズへのご相談・ご連絡については、専用ページよりお気軽にお問い合わせください。