論文・学会情報

2017年10月28日

第137回日本薬理学会関東部会で共同研究成果を報告しました。

神経障害性疼痛に対して当社MSCが鎮痛作用を示した研究成果を、第137回日本薬理学会関東部会(日本医科大学、東京都文京区)で報告しました。本成果は、国立がん研究センター研究所(がん患者病態生理研究分野)と実施した共同研究成果となります。
演題名:「間葉系幹細胞の全身性投与は神経障害性疼痛を緩和する」
http://pharmacology.pupu.jp/137kanto/index.html

お問い合わせ

バイオミメティクスシンパシーズへのご相談・ご連絡については、専用ページよりお気軽にお問い合わせください。