国立がん研究センター研究所と共同研究契約を締結しました。

「間葉系幹細胞及びその培養上清の有する、がん悪液質症状緩和ならびに疼痛軽減効果の作用メカニズムの解明」

当社AOF(Animal Origin Free)培地で調製した間葉系幹細胞およびその培養上清を用いて、がん悪液質症状の緩和ならびに疼痛軽減効果の作用メカニズムの解明のための研究を実施するための共同研究契約を締結しました。