東北大学と共同研究契約を締結しました。

「OBXマウスを用いた新規認知機能改善候補薬の薬効評価」

本研究においては、間葉系幹細胞およびその培養上清を認知症モデルマウスに投与し、認知機能の改善を評価するための共同研究契約を締結しました。アルツハイマー病などに対する既存の認知症薬は、十分な治療満足度を得ることが難しく、新たな治療薬(または予防薬)が必要とされています。当社の技術で調製された細胞や上清による治療効果が確認された場合、治療を必要とされる患者さんに治療の機会を提供するため、治療を検討される医療機関等に対して、当社技術を提供する予定です。