福岡大学と共同研究契約を締結しました。

「間葉系幹細胞を用いた不妊治療研究」

不妊の原因として、受精卵の着床に影響する子宮内膜が薄くなる症状が知られています。本研究においては、当社AOF(Animal Origin Free)培地で調製した間葉系幹細胞を子宮内膜菲薄モデルマウスに投与し、着床不全に対する薬理効果を評価することを目的として、共同研究契約を締結しました。