滋賀医科大学と共同研究契約を締結しました。

「老化ヒト間葉系幹細胞の機能回復に関する検証」

老化した間葉系幹細胞は、治療効果が減衰することが知られています。そのため、再現性よく高い治療効果を発揮できる間葉系幹細胞を取得できる技術が重要となります。本研究においては、老化したMSCの機能回復を可能とする技術について研究を実施するため、共同研究契約を締結しました。