知的財産戦略

title_img07

アルツハイマー病治療に向けたヒト脂肪組織由来間葉系幹細胞

特許出願番号2011-18147
特許公開番号2012-157263

【課題】間葉系幹細胞の無血清培養方法ならびにこれに用いる無血清培地を提供する。
【解決手段】間葉系幹細胞の初代培養方法であって、ヒト脂肪組織由来の間葉系幹細胞を、血清を含まない培地を用いて培養することを特徴とする方法。好ましくは、培地には、還元型グルタチオンおよびフィブロネクチンを加える。さらに、培地にエコチンおよび超低分子ヒアルロン酸を加えてもよい。さらに、該方法を用いて培養することにより得られる間葉系幹細胞集団、ならびにこのようにして得られる間葉系幹細胞集団を有効成分として含むアルツハイマー病治療剤。

疾病予測システム及び方法

特許出願番号2009-265843
特許公開番号2011-110063

【課題】被験者に多大な負担を強いることなく、被験者が罹患する可能性が高い疾病について高い精度で予測することが出来る疾病予測システム及び方法の提供。
【解決手段】複数の容器(A~E)の各々で培養される幹細胞(C)の培養量を計測する幹細胞培養量計測装置(SA~SE)と、制御装置(10)とを備え、該制御装置(10)は、幹細胞培養量計測装置(SA~SE)の計測結果から各々の容器(A~E)における幹細胞(C)の培養量と容器(A~E)に充填された培地(ZA~ZE)の種類との組み合わせを決定する機能と、幹細胞(C)の培養量と容器(A~E)に充填された組成との組み合わせから被験者が罹患し易い疾病の種類を判定する機能とを有している。

幹細胞の培養装置及び培養方法

特許出願番号2009-265840
特許公開番号2011-109916

【課題】幹細胞の活性の低下(失活)や、多分化能の喪失を生じること無く、幹細胞を好適に培養することが出来る幹細胞の培養装置及び培養方法の提供。
【解決手段】容器(1)内の培地(50)に対して特定の波長の光を照射し、音源(5)により容器(1)内に特定の波長の音を伝播し、培地(50)及び容器(1)に供給されるべき水分に光エネルギーを作用し、光エネルギーを作用させた水に培養するべき幹細胞(C)の活性に寄与する香料を添加し、標準的な培地に対して漢方薬を添加する。

幹細胞の培養システム

特許出願番号2009-97787
特許公開番号2010-246441

【課題】幹細胞の活性の低下や、多分化能の喪失等の不都合を検出することが出来る幹細胞の培養システムの提供。
【解決手段】幹細胞を培養するための培地及び当該培地に載置された幹細胞が収容されている収容手段(容器1)と、当該収容手段(1)内の臭気を検出する複数の臭気センサ(2)と、制御装置(10、10A)とを有し、前記制御装置(10、10A)は、前記複数の臭気センサ(2)の検出信号を処理して図形パターンを作成する計測結果合成手段(12)と、当該計測結果合成手段(12)で作成された図形パターンから培養されている幹細胞が異常な状態にあるか否かを判定する判定手段(15)を備えている。